初心者のための楽器の選び方

はじめて楽器を購入するとき、どんなところに注意すればよいのでしょうか?

体のサイズにあった弾きやすい楽器を選びましょう!

自分のサイズにあった楽器を選ぶと、少ない練習量で上達することができます。

楽器を選ぶポイントですが、音色、デザイン、音量、すべて大事なことです。

たくさん生徒さんと楽器を選んできましたが、はじめての楽器は弾きやす楽器を選ぶのが一番かと思っています。

楽器屋さんが弾いてくれて、音量が大きい楽器があって、これにしよう!と思って買ったのはいいけど、なんか弾きにくい…

音が大きい楽器はフレットの間隔が大きかったり(弦長が長い楽器)、ボディーの幅が大きかったりします。

フレットの間隔が大きい楽器は左手の指を広げなければなりません。

ボディーの幅が大きい楽器は肩が前にでてきます。この姿勢を維持するのは筋肉が必要になります。

子供の方は、子供用の楽器。手の小さい方は小さめなショートスケールの楽器。

逆に手の大きい方は、小さな楽器だと指が窮屈になり、押さえにくなります。

楽器のことを知っている人と選びにいこう!

ポイントを書いてみましたが、いざ楽器を見に行っても、はじめて楽器屋さんにいっても、わからないですよね。

ですので、楽器をよく知っている先生、楽器屋さん、に相談しながら、みてみてくださいね。

最後に、楽器屋さんで楽器を触るのは無料ですので、いろいろな楽器を触ってみて比べてみて、自分の体にあった楽器を探してみください。

自分にあった楽器を選ぶことができれば、たのしい音楽生活のはじまりです!

藤沢のウクレレ・ギター教室のルミエール音楽教室でした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です