自分の中のイメージできる音が、楽器にあらわれる。

楽器の音色を変えてみましょう、もっと大きな音で弾きましょう!

と思って、それをするためには、もっと絃に圧力をかけて、弾く位置を変えて、タッチの角度を…

技術的な方法も大事ですが、まず、その音をイメージできますか?できる人は、OKです!


できないかな~って思った人は、コンサートやライブに行って、実際に聴いてみましょう。そんな時間がない人はCDやyou tube でもいいでしょう。

実際の演奏を聴いて音をイメージできるようにします。

イメージできないものは100%音に出すことが出来ないと思っています。


最近の衝撃だったのはジャズギタリスト小沼ようすけさん。これでもか、というくらい、右手の位置は変えるし、親指で高いポジションのメロディーを弾いたり多彩な方法で音色を変えていました。

他にも擦絃楽器の弓の使い方。弓のあてる角度、弾き方を少し変えるだけで、澄んだ音色から、力強い音色、まったく別の音がでます。

これらを体験をして自分の音の出し方がガラリと変わったことは言うまでもありません。

他にもバンド、オーケストラ、どれを聴いても新しいイメージがわいてきます。


ぜひ、自分の中のイメージを創造していきましょう!

藤沢のウクレレ・ギター教室のルミエール音楽教室でした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です